ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

私が献血に行く理由

初めての献血

「私の時間と血を少しだけ分けることで人の命を助けたい」

というちょっとした正義感のようなものがありました。

長い間何もないところで待たされるというイメージがありましたが、気にせず献血ルームへ。

初めて行った献血ルームは神戸の三ノ宮だったでしょうか。

意外にも中はとてもきれいで漫画なども用意してありました。

自販機が設置してあり、無料で何杯でもコーンポタージュやココアなどをおかわりできるようです。冷たい飲み物もあります。

受付を終えた後は、飲み物と漫画を楽しみながら呼ばれるのを待ちます。

各々が持ってきた携帯ゲームをしたり、本を読んだりして待ってる利用者もいました。

名前を呼ばれると、献血できる体の状態かどうかを診察されます。その後、いよいよ献血の開始です。

血の量が足りなかったり、血が薄かったりすると献血できないことがあるようです。

献血自体は15分ほどで終わるもので、その間テレビを観ながら終わるのを待ちます。

終わった後は、しばらく安静にしなければならないので、再びドリンクを飲んだり、漫画を読んだりして待ちます。

今では正義感を持って献血をするというより、ゆっくり飲み物を飲んだり、漫画を読んだりする献血の待ち時間を楽しみに献血ルームに足を運んでいます。

何度か行くと景品をもらうこともあります。私の今日の献血では手帳とタオルをもらいました。

もし、1時間ほどの隙間時間ができた際には、その間の時間を潰したいという理由で献血ルームを利用してもいいかもしれません。それで助かる命があることですし。

※各献血ルームや時期によってサービスが異なる場合がありますのであしからず。

よくわかる輸血学 改訂版―必ず知っておきたい輸血の基礎知識と検査・治療のポイント

よくわかる輸血学 改訂版―必ず知っておきたい輸血の基礎知識と検査・治療のポイント