読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

【読書録】キヨミズ准教授の法学入門

キヨミズ准教授の法学入門 (星海社新書)

キヨミズ准教授の法学入門 (星海社新書)


「法学部って六法全書を暗記するところなんでしょ?」

と考えている人は少なくないと思います。

そうじゃない人の中でも、法学に対してどこか難しそうで近寄りがたいイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

私もその一人。ただ、法学を学んでいると社会で生きていく上で、何かの役に立ちそうではあります。なので、いつか学んでみたいと思っていました。

「でも、大学を卒業して今さら難しい本をいちから読むのもなぁ」とボヤいていたところ、図書館で見つけたのがこの本でした。

高校生のキタムラくんを主人公とした物語の中で、法学について学べる本になっています。

キヨミズ准教授をはじめとしたユニークな登場人物にひきこまれながら、一気に読んでしまいました。

この本で法学にさらに興味を持って、カタめの入門書を読んでみました。

しかし「キヨミズ准教授の法学入門」の方が楽しく読めて、記憶にも残るので、私はオススメです。

ストーリー形式で学べる本で他にもオススメなのはこれですね。

労働法のキモが2時間でわかる本

労働法のキモが2時間でわかる本

田中建設という架空の企業を舞台に、転職してすぐ総務部に配属された社員が奮闘する話です。

タイトル通り「労働法のキモ」の部分を理解できるようになっています。

楽しく学べる本があると、その分野の勉強にとっつきやすくなりますね。