ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

コミュニケーションツールとしての「ファボ」

「ファボ」とは、Twitterにおける「お気に入り機能」の俗称。

favorite(お気に入りの〜)から派生してできた言葉でしょう。

「ファボ」はツイートの星ボタンを押して、お気に入りリストに追加するというシンプルな機能です。

気に入ったつぶやきを後から見返すことを容易にすることが、「ファボ」のそもそもの目的となります。

Twitterはタイムラインを実装しているため、古いツイートがどんどん埋もれてしまう仕様になっています。

そのため、過去の面白かったツイートも時間が経つとほとんど見られなくなるのです。

しかし、「ファボ」をすると、後で読みたいツイートをこのタイムラインの影響を受けずに見ることができます。

私もTwitterを利用し始めてしばらくは、感銘を受けたツイートや笑えるつぶやきを「ファボ」していました。

しかし、何年も利用していると、お気に入りリストがいっぱいになり、ここでさえも過去のツイートを見つけにくくなっています。

長くTwitterを利用し、「ファボ」をしてきたユーザーなら誰しも経験していることだと思います。

そうなると、「ファボ」の意味づけも変わってきます。

Twitterは「ファボ」をすると、それがそのツイートの発信者に通知される仕組みになっています。

そのためか「ファボ」をコミュニケーションツールとして利用するユーザーが見られます。

人によって様々な利用の仕方があるため、ここでは私のものを一部紹介します。

①好評価の「ファボ」
「ファボ」をすると、ツイートをお気に入りリストに追加したことが、ツイートの発信者に伝わります。

そのため、そのツイートが好きだということを伝えることができます。

②既読の「ファボ」
私はリプライをもらうと、それに返信するかどうかをまず考えます。

そして、そこで会話をやめることに決めた時、私はもらったリプライに「ファボ」をします。

これにより、相手に無視をしているわけではないことを伝えられます。

③同意の「ファボ」
もっともな意見のツイートにも「ファボ」をします。

「ファボ」だけでなく、「リツイート」も一緒にすることが最も多いのがこの意味での「ファボ」となります。

以上が私の「ファボ」の使い方ですが、他のユーザーは「ファボ」を別の意味でも使用しているかもしれません。

他のユーザーの「ファボ」の意味を理解するには、Twitterにおけるコミュニケーションの積み重ねの中でそれを感覚的に知る必要があります。

普段、何気なく使っている機能ですが、意外にもハイコンテクストなコミュニケーションツールとして利用されているんですね。