ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

期日前投票してきたよ!

本日から期日前投票が解禁しましたね。政治家のみなさんの演説にも熱が入ります。

私は実家を離れて、大学に通っていますが、住民票は実家の住所のまま。

実家に帰って投票するか、不在者投票をしなくてはいけません。

これまでの選挙は不在者投票制度を利用していました。

これが面倒くさいんですよね。

住民票のある役所に資料を請求して、今住んでる場所の最寄の役所で投票しなくてはいけません。

しかし、今回は期日前投票の時期に野暮用があって実家にいました。ラッキー。

投票場所の役所まで歩いていきました。私の通っていた小学校が近くにあります。

ランドセルを背負っていた頃は、大きく遠く感じた通学路が今は小さく狭く感じられます。

この頃は眼に映るものが全て輝いて見えたような。何でもない道でも楽しいことがいっぱい。

車のナンバー4桁を1つずつ足して遊んだり、白線の上だけを歩いてみたり、どちらが次の電信柱まで先に着くか競争したり、、、

しかし今も、道路が舗装されているのを見て時の流れの速さを感じてしみじみしたり、昔からあるお店を見つけてホッとしたりなど、小学生の頃とは違った楽しみ方があります。

そうしているうちに着いたのはJA。私は勘違いをしていました。

JAの窓口の人に「期日前投票しに来ました。」と伝えると、苦笑いされました。

場所を教えてもらい、いざ投票場所へ。やはり大学近くの投票場所と同じく少し重い空気。

渡された2枚の投票用紙に日本の将来を託したい人と党の名前を書き、投票箱へストン。

これで投票は終わりです。

近くの投票場所に行き、紙に名前を書き、投票箱に入れる。

これだけで日本の政治に小さいながらも影響を与えることができます。こんな貴重な権利を有しているのだから使わなきゃ損だと思います。

若者の投票率が低いことが問題になっていますが、このままなら政治家は若者を軽視した政治をしてしまうかもしれません。

これを防ぐことにもつながるかもしれませんし、票を入れたい人も党もないからと言って、この権利を放棄するのはもったいないと思います。