読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

○○系男子(女子)というカテゴリーに思わず注目しちゃう私

草食系男子、肉食系女子絶食系男子、仙人系男子、猫系女子など

世の中にはいろんなカテゴリーの男子や女子であふれています。

しょうもないと思いつつも注目しちゃうんですよね。

「これって私のことか?」
「あいつじゃん!」

と自分や知人に当てはまるカテゴリーを見つけると、案外楽しいです。

この中で草分け的存在なのは「草食系男子」でしょう。

2010年に映画化されるなど社会現象となりました。

「ロールキャベツ系男子」
ユニコーン系男子」
「アスパラベーコン巻き男子」

など「草食系男子」の流行以降、その亜種が次々に登場しています。

そもそも「草食系男子」とは、
心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと(引用:http://ja.m.wikipedia.org/wiki/草食系
この定義に当てはまる男子は、「草食系男子」が流行るまで、ただの身近にいる冴えないヤツだったのかもしれません。

しかし、この言葉が出てきてから、女性向けのメディアで

「草食系男子の落とし方」
「草食系男子が好きな女性の特徴」

などをタイトルにしている記事が書かれるほど注目を集めるようになりました。

ただの冴えない人を人気者にした出来事だと私は思います。もちろん、他のカテゴリーにも言えることでしょう。

したがって、人をカテゴリー分けすることは、そこに含まれる人に光を当てることにつながると言えそうです。

草食系男子の恋愛学

草食系男子の恋愛学