読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

神大生スーパープレゼンテーション

大学
神戸大学六甲祭目玉企画「神大生スーパープレゼンテーション」を観覧してきました。

神戸大学で一番スゴイ、一番頑張っている大学生を決める企画。

来場者に神戸大学生の取り組みを知ってもらうまたとない機会となります。

今年初めて行うものだそうですが、個性豊かな4団体がエントリーしていました。

4団体それぞれのプレゼンを聞いた感想をつらつら書こうと思います。

システム情報学研究科多田研究室浦久保グループ
災害で利用される小型の飛行機の研究をしている団体です。

かなり専門的な内容だったため、不利な部分はありましたが、実際に機械が飛行している動画を流すことで、観客の興味をひいていました。

②ぼらばん
ハンセン病療養所で活動している団体。長年差別・隔離されてきた邑久光明園の元患者さんたちとの関係を築きながら、新しい島作りを目指しています。

写真をふんだんにスライドに映し、ハンセン病についてや団体についてよく理解できる内容でした。たこ焼きパーティーを開くまで7年かかったほど長く険しい住民の方との絆が出来ていく過程に感動しました。

③学生流むらづくりプロジェクト木の家
「みんなの田舎をつくろう」を理念として、兵庫県多可郡多可町観音寺集落にログハウスを建設し、そこを拠点に地域活性活動を行う団体。

配布資料に集落のラベンダーを挟んだり、プレゼンの所々でギャグを入れたりすることで、観客の心を掴みました。

TEDeeKobe
TEDを題材に、英語のプレゼン、ディスカッション力を身につけることを目的としている団体。

実際のTEDの動画(バカにフォロワーがつくことでムーブメントになる有名なやつ)を観せて「みなさんもフォロワーになりませんか?」と呼びかけるのは鮮やかでした。

応援したい団体に大会専用の紙幣を3枚まで投じてもらう方法で最優秀賞を決定。

見事、選ばれたのは「学生流むらづくりプロジェクト木の家」のみなさんでした。

木の家のプレゼンの動画もありますよ↓

目玉企画と謳いながら、あまり話題になっていなかったのが少し残念ですが、来年はどんな団体が参加するのか、早くも楽しみです。

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則