ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

プリクラって何のために撮るの?

実はプリクラが大嫌いです。

昔はあんな加工が気軽にできる機械がなかったので、確かに価値があったのかもしれません。

でも、最近はパソコンで加工できますし、手元にあるスマホでいい感じの写真を撮ることもできるはず。

そんな環境にあっても高めのお金を払ってまでプリクラを撮りたいという気持ちはどこからくるのか。

それが不思議でした。

8月の終わりに小、中学校時代の友人と1日遊ぶ機会がありました。

楽しい時間を過ごしたのですが、その最後の時間、女子が「プリクラを撮ろう」と言い始めたのです。

その日はサービスで、ボウリングをした人にプリクラを無料で撮影できる券をもらっていました。

気乗りはしなかったですが、「無料なのでいいか!」と思い、撮影。

パシャッ!

その後、文字を描いたり、目を大きくしたりなど加工を施し、写真が出てきました。

なかなか楽しかったですが、ボウリング等に比べたら、そうでもありませんでした。

確かにそのプリクラを見ると、この日のことを思い出します。

そのため、思い出を想起させるツールにはなるものだと思います。

しかし、それは普通の写真でもできますし、やはりプリクラの必要性がわかりません。

プリクラ 仕掛け人の素顔―プリクラが平成最大の集客マシーンへ進化した理由

プリクラ 仕掛け人の素顔―プリクラが平成最大の集客マシーンへ進化した理由