読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

ネットとリアルの垣根

メディア
いつからかネットとリアルの垣根がなくなってきているような気がします。

ひと昔前の本では「ネットの世界では〜」という形で論じることが出来ました。

今は様々な性格を持つサービスやメディアが出てきました。そのため、それらを「ネットの世界」という言葉一つで片付けられなくなっています。

そうなる前は「ネットの世界」というと匿名のユーザーたちが、同じく匿名で不特定多数の人とコミュニケーションをする世界でした。

そんな世界を変えたのがFacebookであると私は思います。

Facebookが浸透する以前、日本人は実名でネットを利用することに対して抵抗がありました。そのため、Facebookは流行らないというのが主流な言説でした。

その頃、すでにmixiが全盛期を迎えており、日本人らしいSNSだと言われていたことが理由の一つかもしれません。

それにしてもFacebookの存在はかなり大きいです。なぜなら、いきなり匿名の分厚い壁を取り除いたからです。

それにより、Facebookの普及以降、他の様々なサービスにもかなり寛容になったのかもしれません。

実名に抵抗がなくなると同時に、ネットで自分の考えやプライベートを発信することにも積極的になってきた気がします。

その結果、ネットの世界にリアルが一気に流れ込むようになりました。これが現在、ネットとリアルの垣根がわかりにくくなっている原因かもしれません。