読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

視点の偏りを防ぐには

社会 大学
ある組織特有の考え方ができて、メンバーそれぞれもそれに偏るのは問題かもしれない。

目的や想いを一つにすることは必須ですが、考え方を一つにするのは危険な気がします。
←目的と想いについては過去のブログでも言及しました。

例えば、考え方までかなり近くなり、全員が一列になって目的地に進む。そうなると、みんな仲良く罠にかかるかもしれません。

目的地は一緒ですが、視点の違う人がいれば「そこに罠があるよ。」と指摘出来て回避できるはずです。

しかし、個人の努力でこれを可能にするにはあえて違う視点を持つこと。これを日々意識して活動するしかないのかもしれません。

しかし、明らかに異なる視点を持とうとすると、組織の主流の考え方から外れます。そのため、主流の人より評価が低くなることを、ほとんどの場合、覚悟しないといけません。

意識の有無問わず、それを避けようとすることで、メンバーそれぞれ似たような考え方になってしまうのでしょう。

したがって、考え方を多様化させることの価値を知り、様々な意見が評価されるような雰囲気作りが必要です。

いまは見えないものを見つけ出す 発想の視点力

いまは見えないものを見つけ出す 発想の視点力