読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

SNSと長電話

メディア
子供のSNS利用時間が長すぎることが問題になっています。

ここで気づいたことがあります。
それはメディアが替わっただけで昔の長電話の問題に似ているということ。

しかし、異なる点があります。

固定電話は初め玄関や廊下に置かれ、現在では居間に置かれています。そのため「電話は家族のもの」という認識があるのでしょう。

昔の子供は家族の目を気にしながら、友達とおしゃべりをしていました(子機の登場によってある程度緩和されましたが)。

一方、SNSはパソコンやケータイで利用されるため、固定電話に比べてかなりパーソナルなものです。

さらに声ではなく、主に文字でコミュニケーションするものであるため、その内容を知られる可能性は低い。

このプライバシーが守られていることを理由に、電話ではなく、SNSを利用してコミュニケーションする子供が増えているのだと思います。

SNSの方がその点で好まれているというだけなので、規制してもおしゃべりとしての利用はその他の電話を筆頭としたメディアに流れるだけかもしれませんね。