ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

ソーシャルメディア疲れの原因

リアルで他者から受け取る情報。
話す内容より非言語コミュニケーションの方が多いという実験結果があります。

つまり、リアルでの人の印象は様々なコミュニケーションの積み重ねで決まるものと言えます。

だから、表情豊かに話すことやジェスチャーを交えながら喋ることが大切なんですね。それによりテキストでは伝わらない部分も伝えることが出来ます。

しかし、文字コミュニケーションを主とするソーシャルメディアでは、書く内容でほとんど理解しなければなりません。

非言語コミュニケーションが伝わらず、それを補うために悪い方に想像してしまうこと。これが「ソーシャルメディア疲れ」の要因だと思います。

mixiで足あとがついてるのに反応がない、面白くなかったのかな。」
「LINEでのこの発言、絶対嫌やと思ってるんじゃないの?」
「このツイートは私の悪口?」などなど

リアルでも悪い方に想像してしまうことはあるけれど、ソーシャルメディアほど一つ一つのコミュニケーションに固執しないと思います。

非言語コミュニケーションをも十分に伝えることの出来るツールの普及までは「ソーシャルメディア疲れ」に苛まれる人はいなくならないでしょうね。

というわけでこの記事の評価やコメント、共有などをお願いします笑