読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

「社会人」が嫌い

「社会人」という言葉が嫌いです。


厳密に言えば、その使われ方。


「社会人」と言えば、、、

会社で働いている人というイメージがあります。


子供や学生、フリーターや専業主婦、訳があって働けない人たち。彼らが社会の一員ではないような使われ方をしています。これが納得できません。


会社で働くこと。これが社会の一員であることの最低条件であるかのように見えてしまいます。


「社会人としての自覚が足りないんじゃないか!」

「そんなことじゃ社会に出たら通用しないよ!」


などがよく説教の例として挙げられます。しかし、彼らの言う「社会」や「社会人」とはいったい何なのでしょうか。


社会=会社ではありません。社会には様々な人が暮らしています。もちろん会社で働くことを選択していない人もです。


そう考えると、上記の説教は広い社会の中での一部の常識を押し付けようとしているに過ぎないことがわかります。