読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

【読書録】米ハフィントンポストの衝撃

「ハフィントンポスト」

みなさんはこの名前を聞いて何をイメージするでしょうか。


ブログサイト?

いろんなニュースの寄せ集め?

芸能ネタが多い?

どれも正解。


しかし、ピュリツァー賞を受賞したメディアであることを知らない人もいるのでは?あのネットメディアのハフィントンポストがです。


ハフィントンポストが創刊7年目にしてジャーナリズム最高の栄誉を得るために何をしてきたかがこの本に書かれています。


 ・自前記者による独自報道

・編集方針「低俗と高尚の組み合わせ」

・フィーチャー記事によるストーリーテリング などなど


新聞の発行部数が右肩下がりになっているなか、いかにジャーナリズムを後世に残していくか。そのヒントがこの本に詰まっています。


新聞記者にちょっとでも興味のある人なら、手に取って読んでみてください。後悔はしないと思います。

 

 

写真のバックアップなら「Googleフォト」がおすすめ

最近ではデジカメだけでなくスマホでも高画素の写真を撮ることができます。

そのためかすぐにスマホの容量がいっぱいになる人もいるのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのが「Googleフォト」です。

使い方は簡単。アプリをダウンロードして、Googleのアドレスとパスワードでログイン。

自動アップロード機能があるので、アプリを開いて待っているだけで写真をバックアップできます。

バックアップした元の画像を自動的にスマホから削除する機能も設定可能。

Googleフォト最大の特徴は容量が無制限なところ。

OnedriveやDropboxなどのオンラインストレージは容量制限がありますが、Googleフォトは容量を気にせずどんどんアップロードできます。

スマホの容量が写真に圧迫されている人は「Googleフォト」を使ってみてはいかがでしょうか?

小学生の頃に住んでいた場所へ

小学校低学年の頃に住んでいた寝屋川市に行きました。

なんとおよそ15年ぶり。

小学生時代は行動範囲が家と学校と公園だけだったので、駅に着いても懐かしさを感じませんでした。

駅からとことこ歩いて久しぶりの母校。
グラウンドには元気な小学生とコーチが野球で汗を流しています。

私も体育や昼休みの時間に友人と一生懸命に走っていたことを思い出しました。そういえばよくこけて膝小僧にかさぶたを作っていましたね。

「しばらくかさぶたを見てないなぁ」と思いながら、次は家族で住んでいたマンションへ。

新しく建て替わっていました。私の記憶では近くに遊具があったはずですが発見できず。

建て替えの時に撤去してしまったのかもしれません。

ロケットの形をした遊具、横幅の広い石製の滑り台。思い出の遊具に出会うことができませんでした。

半年ぶりに今の実家に帰省した時ですら街に変化があるくらいなので、15年も経つとかなり変わるんですね。

今見ている街も年を経るごとに変わっていき、2度と見られなくなるのかと思うと愛おしく思えます。

枚方・寝屋川・守口とっても上等なランチ

枚方・寝屋川・守口とっても上等なランチ


名刺の管理なら「Eight」がおすすめ

働きだしてからたくさんもらうようになったもの、それは"名刺"ではないでしょうか?

特に新人だと短期間にたくさんもらうことも少なくないはず。

その時に困るのは名刺の管理。
いざ必要になった時に目的の名刺がなかなか取り出せないなんてこともあるでしょう。

そこでおすすめしたいのは名刺管理アプリ「Eight」です。

名刺を撮影するだけで、会社名や所在地、役職名、名前などが全て自動でデータ化される優れもの。

誤字脱字もほとんど見られません。なぜこれほど正確なのかというと、オペレーターが手作業で入力しているからだそうです。

そのためか一度に何十枚、何百枚も名刺を撮影すると、全てデータ入力を終えるのに数日かかることもありました。

それでも一度データ化されると、必要な時にすぐに取り出すことができて、かさばらないのでかなり重宝しています。

多すぎる名刺に困っているみなさん、名刺管理アプリ「Eight」を使ってみてはいかがでしょうか?


「個人の見解です」に意味があるのか

Twitterのプロフィールにその人の所属組織名とともに

「投稿は個人の見解で会社の見解を代表しません。」

のような文面が書かれているのをよく見かけます。

これを読んだからといって、誰もがその人の失言や悪口を許すようなことはないと思います。

たとえ個人の見解や行動だとしても失言や悪口がツイートされていると「この組織にはこういう人がいるんだ」とよくないイメージを持たれてしまうでしょう。

ひどい悪口なら直接その組織に苦情の電話などがくることもあるはずです。

ちょっとした失言によって会社に迷惑をかけてしまう可能性があるのを知った上で組織名を載せるなら構いませんが、覚悟がないなら伏せるのがいいでしょう。

組織名を掲げるからには、組織全体の意見ではないにしても、組織の一員として発言していると見られることはもっと意識すべきです。

サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル

サイト別 ネット中傷・炎上対応マニュアル