ちょっとひとやすみ( ˘ω˘)

読んだもの、考えたもの、何でも。

6年ぶりの空手

6年ぶりに空手道場に行きました。
空手を習っていたのは小学3年生から高校2年生までの9年間。

受験勉強のために道場を去り、県外の大学に入学。それ以来、道場に顔を出すことも、連絡することもなくなりました。

そんななか、かつての同門生から「師範が道場を1つ閉めるから、1月の寒稽古に来ないか?」と誘いのメールが届きました。

みんな今は何をしてるのか気になるのと、師範に会いたい気持ちから行くことを決意。

久しぶりに会った同門生と師範は見た目は変われど、昔のようにあたたかく迎えてくれました。

型を打つのももちろん6年ぶり。型の名前を聞いただけでは思い出せませんでした。

しかし、1度打ち始めると体が覚えてるのか、同門生のものをあまり見なくてもある程度打つことができました。

聞くと道場を閉めるのではなく、稽古の頻度を減らすだけなようです。なので、また参加したいと思います。

行ったり来たりの1年

卒業、就職、転職。そして、それに伴う引っ越し3回。去年は立場的にも地理的にも行ったり来たりの1年でした。

驚いているのは、去年の初めはまだ卒業論文を書いていたこと。1年以上前に感じます。

去年4月に入社した会社では広告営業マンとして街を駆けずり回っていました。

夏は黒のスーツから白の半袖シャツに着替え、暑さに耐えながらの営業。広告に反響が出た時が嬉しい瞬間でした。

その後、11月から新聞記者に転職。1ヶ月の東京研修後、大阪に帰ってきました。大学が神戸だったので、関西が1番落ち着きます。

記事はすでに何本か書いていますが、1人で本格的に取材するのは今年1月から。

記者として早く一人前になることを目標に仕事をします。

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか


倉敷デニムストリートであのデニムまんを食す

野暮用があって先日、倉敷に帰省していました。

実家から少し遠いですが、帰省したら必ず大好きな美観地区を歩くことにしています。

f:id:betelgeuse8:20151123083108j:image

どうですか?なかなかキレイなところでしょう。

どこか明治時代っぽい趣のある美観地区。最近では映画「るろうに剣心」の撮影が行われたとか。

倉敷は国産デニム発祥の地。
そのためか、ここ美観地区には「倉敷デニムストリート」という観光地があります。

f:id:betelgeuse8:20151123084355j:image

こちらが入り口。比較的道幅が狭いので、自転車で入ってしまうと苦労します。

奥に進んでみると、なんと「星野仙一記念館」が!

f:id:betelgeuse8:20151123084722j:image

星野監督の銅像まであります。
ひと通り「倉敷デニムストリート」を楽しんだ後、目的のデニムまんのお店へ。

そこで買ったデニムまんはこちら↓

f:id:betelgeuse8:20151123085055j:image

あおい!アオイ!青い!
さすが「食欲をなくす色No.1」の青色。「倉敷デニムストリート」になかったらきっと買わなかったと思います。

色の奇抜さだけで人気なのかと思っていましたが、なかなか美味。

美観地区に訪れた際にはぜひ食べてみてください。

デニムバーガーやデニムソフトクリームもあったので、今度食べてみようかなぁ。

岡山・倉敷とっておきの雑貨屋さん

岡山・倉敷とっておきの雑貨屋さん



Facebookの安否確認サービス「災害時情報センター」

11月13日、フランスで世界を揺るがす大事件が起こりました。

そう、パリ同時多発テロです。

パリ中心部にあるコンサートホールなどを標的にしたこのテロは、多くの人を負傷させ、死亡させました。

このテロが勃発した時、パリに留学している友人がいました。そのため、彼らの安否がかなり心配でした。

そんななか、Facebookを開くと1つの通知が。

「◯◯(私の友人の名前)さんのパリの同時テロ事件についてでの無事が△△(たぶんその友人の知り合い)さんによって報告されました。」

これを読んでほっとするとともに、ソーシャルメディアのつながりの有用さをひしひしと感じました。

実はこの安否確認サービス。今回のテロ事件をきっかけにFacebookが始めたものです(人災では初)。

本人が自分の安否を伝えられることはもちろん、私が今回体験したように他の人の安否も伝えることができるようです。

今回のテロ事件に限らず、災害や事故などの非常時に役立つサービスになるでしょう。

そもそもこのサービスを使わなければいけないような事件や災害に巻き込まれないことを願いますが。

神戸市灘区に4年間住んでいて初めて知ったこと

神戸市灘区に4年間住んでいた私。
それなのに今になって気づいたことがあります。

注目してほしいのは灘区の「灘」のさんずいじゃない部分。

よーく見てみると、これ困難の「難」じゃないんですね。

これまで、「さんずいに難しい」といろんな書類に書いていました。恥ずかしい。とても恥ずかしい。

なんでもツイートしちゃう私でも、Twitterに投稿するのをためらうぐらい!


恥を捨て「えいっ」とツイートしてみると、意外にも知らなかった人が多かったです。安心しました。


調べてみると灘のさんずいじゃない方は困難の「難」の旧字。

じゃあ、「難」をさんずいの右に書いても恥ずかしくないよね!よかった!本当によかった!

灘区の「灘」みたいに漢字の一部に旧字が残っている例が他にもあるのかとても気になります!